地金について

SHINDO HARUKAでは、金属固有の色味が美しく、長く使うほどに輝きを増す強度と耐久性を持った素材を使用しています。

Nou vermeil (ノウ・ヴェルメイユ)
金合金の中でもっとも硬く、傷や歪みに強い10金に24金(純金)厚コーティングを施した独自の素材です。純金のまばゆい黄色味が肌に映えます。コーティングが落ちてきた際のグラデーションも魅力的です。

K18YG
地金の75%が金、残りが銀と銅からなる合金です。一般的な18金よりもやや赤みのある種類を使用しています。

K18WG
地金の75%が金、残りが銀、パラジウム、銅からなる合金です。プラチナよりもややオレンジ味がかったウォームな色が特徴です。

Platinum
地金の90%がプラチナ、残りがパラジウムとルテニウムからなる合金です。K18WGよりもグレイッシュな銀色で、磨くとよく光ります。