About

Concept

五感を使って生きる。それは今この瞬間を味わうために大切なこと。

森羅万象が見せる刹那の美は
豊かな自然の一部として生まれた私たちの内なる自然を呼び起こしてくれます。

たとえば緑の葉脈や足元をさらう波、一枚の絵画に心を奪われるとき、
感覚は研ぎ澄まされ、意識はゆるやかに目覚める。

大地の恵みである鉱物で作られたピースは、身につけるほどに心と身体になじみ、
あなたと世界が対話するひとときをもたらします。

感性の声に耳をすませ、常に揺れ動き変化してゆく今を、世界を、
そしてあなた自身を喜びで満たすジュエリーをお届けします。

 

Designer  新藤 はるか

東京芸術大学 鋳金専攻修了。溶かした金属を型に流し込んで造形する鋳造技法を学ぶ。その後スペインに留学し、バルセロナLlotja美術学校壁画科にて絵画技法と西洋美術史を習得。帰国後、友人の画家と共同でテキスタイル作品を発表、あわせて指輪としても身につけられるスカーフリングの制作を開始。

2015年、SHINDO HARUKA としてジュエリー制作をスタート。鋳金技法や絵画的表現をベースに、自然や人とのコミュニケーションに根差した独自の作品世界を展開する。ジュエリーや鋳造技法の魅力を伝えるためのワークショップやコンクールも主催。
 

 

shindoharuka_about